東北・新潟の素晴らしい企業をご紹介します。

WONDERFUL COMPANIES inTOHOKU and NIIGATA

COMPANY PROFILE

岩手県

株式会社エイワ

コバリオンを釜石から世界に

金属事業部では、生体材料用に開発したコバリオン(コバルト・クロム・モリブデン合金:ニッケルをほぼ含まずに製造)を中心に、小ロット、短納期をモットーに様々な特殊合金の製造を行っています。30㎏及び100㎏の真空溶解炉を設備しており、大手にはできない小ロットでの注文にも機動的に対応致します。
また、溶解、熱処理、鍛造、圧延という一貫した作業ができるのが大きな特徴です。企業・大学を問わず、新規な合金を製作する場合実験と本格的な生産の橋渡し的な生産をすることが可能です。

独自の強み

東北大学と岩手県で共同開発したニッケルを含まないコバルト合金

・岩手県によりコバリオンという名前で商標登録されており、エイワ金属事業部だけが唯一製造できる工場となっています。

・硬く、錆びにくい上に、機械加工性にも優れているため、医療用及び一般産業用にその用途が期待されております。

・ニッケルを含まないことから、金属アレルギーの大部分を占めるニッケルアレルギーの方にも優しく、宝飾品の材料としても利用されており、磨くとプラチナと同じ光沢を放つことが証明されております。(京セラ宝飾事業部よりコバリオンジュエリーとして販売)

・エレキギターのブリッジとして使うと、コバリオンには振動の減衰率が低いという特徴があり、伸びやかにそして重厚な演奏をすることができることがわかりました。

(セッショナブル(ギター工房)のケストレルというシリーズに採用されています)

POINT
  • 必要な資格は、会社が負担して取得していただきます。
  • 年度始めに人材育成計画を立て、研修や講習会に参加します。
  • 東北大学金属材料研究所千葉晶彦教授の講演会・講習会等に参加する機会もあり、最新の金属についての動向や知識に直に触れる機会もあります。

若者へのメッセージ

コバリオンはまだ開発途上の新合金であり、医療用・一般産業用に様々な可能性を秘めております。そのコバリオンが持つ潜在力を顕在化するには、情報のネットワークと若い皆さんの斬新な発想が欠かせません。
幸い、現在までにコバリオンはさらにバリエーションを増やし、開発から産業への応用へと着実に進歩しております。是非、意欲のある若い皆さんの発想をコバリオンに活かしてさらに進化させてほしいと願っております。

会社の雰囲気・働きがい

  • 金属事業部は平成19年に製造技術の移転のために、社員を一人派遣することからはじまりました。平成22年に工場を竣工し本格的に始まりましたが、現在は8名で作業しております。
  • 20代、30代が中心になり、30年には高専から新たに1名仲間が加わります。金属事業部はISO9000:2015を取得しており、PDCAサイクルの実施を日々の作業の中で心がけております。
  • 現在コバリオンの生みの親、東北大学金属材料研究所の千葉研究室に社員を1名派遣しており、大学の研究成果をいち早く現場で応用できるように、フィードバックできる体制をしいています。
  • 社員は全員専門の勉強をしてきたものではないので、金属について基礎的なことから、コバルト合金の応用的な知識まで、学習しながらの日々の作業になります。
  • 社員には年初に指導計画がたてられ、計画に従って研修しながらの日々の作業は、自分の進歩を実感することができます。

株式会社エイワ

住所
〒026-0001 岩手県釜石市平田第3地割61-24
設立
昭和57年2月
代表者
佐々木 政治
資本金
3,000万円
従業員数
50名
電話番号
0193-55-4510
URL
http://www.eiwa-heartmake.com/