印刷用ページ

平成28年度調査研究事業一覧

自主事業

調査名 報告書等
東北圏社会経済白書の作成
本白書は、自治体等の政策立案者、大学等の研究機関、経済団体、ならびに社会経済の活性化に取り組む諸組織等に活用いただくことを目的に毎年作成するものである。
本白書は3部構成とし、第1部は東北の社会経済に関する指標について全国との比較、経年変化の分析を行い東北の特徴を明らかにする。第2部は特定のテーマを掘り下げて活性化の方策を展望する。第3部は、各種データを時系列に掲載する。
平成28年度の第2部のテーマは「東北圏における公共交通機関のあり方」を採り上げる。
東北圏社会経済白書の作成」
6次産業化による東日本大震災からの復興加速
東北地域における6次産業化については、平成26年度は基幹産業である食品関連産業の付加価値にかかる全国比較を行ない、27年度は6次産業化加速にかかる人財育成のあり方について調査を実施した。
平成28年度は、これらを踏まえ、被災から5年目を迎える太平洋沿岸地域における東日本大震災からの復興状況、特に復興を加速するための主産業となり得る6次産業の復興状況を把握した上で、復興を加速させるためのビジネスモデルを検討する。
報告書
若年層の田園回帰事例に学ぶ農山村再興方策
東北地域の農山村が若者の流出や高齢化により過疎化の進行が顕著である中、近年、若者があえて農山村に移り住む田園回帰が起こり始めている。農山村が持続的に存続するためには、若年層の定住、特に都市から農山村への田園回帰による定住が重要であることから、田園回帰により農山村定住を行っている事例調査を実施し、若年層の定住促進方策を考察し、人口減少の顕著な農山村の再興につなげる。
報告書
地域産業活性化に関する調査と企業紹介
平成23年度から平成27年度までの5年間、東北地域産業の復興に視点を置きながら東北大学地域イノベーション研究センターとの共同事業により、東北地域に存在するイノベーション事例の掘り起こしとその軌跡・成功のポイントを紹介してきた。
平成28年度は、震災から5年が経過したことから、東北地域における優れたビジネスモデルを有している企業の紹介、その内容の調査・情報発信などの基本的な事業内容は継続するものの、一部内容の見直しを図る。
なお、詳細は、東北大学と協議の上決定する。
-

受託事業

調査名 報告書等
景気ウォッチャー調査(東北地域)
三菱UFJリサーチ&コンサルティングより受託
調査概要
調査結果